私たちについて

About us

可茂ジュニアウィンドオーケストラ “レゾネア” とは

可茂ジュニアウィンドオーケストラ“レゾネア”は、2019年4月、可児ウィンドオーケストラの団長である黒岩亮宏によって、岐阜県可茂地区の小中高生を中心に設立されたジュニア吹奏楽団。「音楽的向上と人間的成長」を掲げ、その活動をスタートさせる。

団員は岐阜県美濃加茂市、可児市、加茂郡、可児郡を中心に集まり、小学4年生から高校3年生までが在籍できる。それを指導するのは現役で活動する地元の愛好家約20名のコーチと、国内で著名な職業演奏家3名の特別コーチ。

ほぼ全てのパートにコーチを配している為、楽器個別の指導が受けられるのが最大の特徴である。また、コーチ陣は全員無償で指導に当たっており、全体練習とは別に個別指導を希望すれば、何度でも無償で受けられるなど、どんな団員でもやる気さえあれば学べる体制をとっている。楽器初心者も積極的に受け入れており、速い子であれば2ヶ月程度で合奏練習に合流できる。

練習は毎週土曜日に開催され合奏を中心に行われるが、楽器を始めて間もない団員には別室で個別の指導をする。

現在は年1回の定期演奏会を中心に活動しているが、今後は積極的に地域のイベントへの参加も進めていく。2021年4月からは団内でのアンサンブルの活動も予定している。

楽団概要

Overview

名称可茂ジュニアウィンドオーケストラ
愛称Resonair(レゾネア)
設立2019年4月
代表黒岩 亮宏
対象年齢小学校4〜6年生、中学生、高校生
対象地域可児市、美濃加茂市、可児郡、加茂郡(他地域、県外の方も歓迎!)
活動日毎週土曜日 13:00〜17:00(月4回程度)
活動場所可児市文化創造センターala、広見地区センター など
演奏会年1回(3月末)

愛称について

Nickname

可茂ジュニアウィンドオーケストラ レゾネア Resonair

楽団の愛称“Resonair(レゾネア)”とは、英語で共鳴を表す“resonance”と、英語で空気を表す“air”を組み合わせた造語。管楽器や弦楽器、打楽器は、空気を響かせ、お互いの音を共鳴させる事で音楽を作る。そこから発想を得た、創立者である黒岩亮宏により命名された。


理念

楽団設立のへ想い、活動の理念。

詳しく見る
これまでのあゆみ

2019年の設立から現在までの楽団のあゆみ。

詳しく見る
役員・コーチ

楽団の役員、団員の指導にあたるコーチ一覧。

詳しく見る
活動スケジュール

年間スケジュールや本年度の指定課題曲など。

詳しく見る