可茂ジュニアウィンドオーケストラ楽団設立の理念

日本は吹奏楽大国である。

日本に吹奏楽を根付かせ、発展させてきたのは、中学、高校の部活動である。

今、その部活動が揺らぎ始めている。教員の働き方改革、部活動の自由化など、部活動を取り巻く環境が大きく変化してきたのだ。その影響が吹奏楽界にも波及してきた。この地域も例外ではない。部活をやりたくてもやれない子や、その保護者の方々の声が聞こえてきた。

「子供達に思う存分、音楽をする場を!!」

もう学校や行政には任せてはいられない。地域の為、子供たちの為、地元地域に恩返しをする時がきたのではないか…。そんな想いが「可茂ジュニアウィンドオーケストラ」の設立につながった。

楽団が目指すもの

音楽を伝えるだけじゃない。音楽の奥には、周りには、生きて行く上で大切な事がたくさんある。吹奏楽は大勢で1つの音楽を作り上げる、言わば共同制作作業。他人と何かを成す為には、どうすれば良いのだろうか。どうやって人と接し、どうやってオーケストラに貢献すれば良いのか。その中に人生のヒントがたくさんある。

学校では、家庭では得られないモノが、この吹奏楽団という社会にはある。

不公平から学ぶ

社会では平等を声高に叫ぶが、吹奏楽団で演奏するという芸術活動は不公平なものである。

自分もあの子もこの子も主役…そんな事は有り得ない。吹奏楽は楽器によって主役、脇役、端役、悪役、様々な役割が混在する。同じ楽器の中でも、司令塔で目立つ1番パートがあるかと思えば、目立たず縁の下を支える3番パートもあり、自己を殺して、ひたすら繋ぎ役に徹する2番パートもある。役割の違う、これら全ての人が揃って、はじめて演奏が成立し、聴衆が喜ぶ音楽を作り上げる事ができる。

その時、主役のみならず、脇役も端役も、そして悪役までもが幸せになれる…それが吹奏楽だ。

コロナ禍で明らかになった日本型吹奏楽の欠陥

新型コロナウィルスの世界的感染拡大により、部活動は一斉に停止した。吹奏楽部も例外ではない。普段の練習、演奏会はもちろん、日本型吹奏楽を支えてきた「全日本吹奏楽コンクール」が中止となった。

全国の吹奏楽部員は、まるでその目的を失ったかのように次々に音楽から離れていった。奇しくも、彼らが吹奏楽に取り組んできた理由が、この賞取りレースに勝つ為であった事が露見する。果たして、それは正しい事なのか。

音楽とは読んで字の如く、音を楽しむという事。それがいつの間にか、その演奏技量を競うコンクールが活動の中心になり、コンクールで上位の大会へ進む事、金賞を獲る事が最も重要な目的となった。

やがて賞取りレースは過熱し、金銭を掛け職業演奏家を招き、とにかくコンクールに勝つ事を目指す。そこに食えない三流演奏家が群がり、気がつけば宗教家まがいの部活顧問や、美辞麗句で子供を騙す自称指導者が多く出現。挙句に全日本吹奏楽連盟の事務局が連盟費横領というオマケ付き。日本の吹奏楽は完全にビジネスとなってしまった。これらから地域の子供達を守っていかなければならない。

それもまた我々の務めである。そして、音楽とは他人と競うものではなく、仲間と力を合わせて作り上げる芸術である事を共に学んでいかなければならない。

「音楽的向上と人間的成長」を掲げる!

コンクールに出場し、賞に一喜一憂する…この考えから脱却しなければならない。音楽的向上はコンクールへの取り組みによってのみ得られるものではない。賞取りレースではない、正常な音楽活動を、音楽体験を、多くの子供達に味わって欲しい。それこそが真に音楽的向上をもたらすものである。

もう学校単位で吹奏楽をする時代は終わった。これからは学校の枠を越え、この広い地域で、幅広い層の仲間達と音楽をする時代だ。もう吹奏楽は部活動のものではない。地域社会のものだ。地域社会が吹奏楽を通し、青少年の育成、地域文化の向上を図っていかなければならない。

自主的に、複数の学校から、小学4年生から高校3年生までの幅広い層が「吹奏楽を楽しみたい!」という目的の為に集まり、その中で多様な価値観に触れ社会を学び、互いに尊重しあい友情を深め、互いの音楽に触れ切磋琢磨していく…そんな活動を通して人間的成長を図りたい。

我々、可茂ジュニアウィンドオーケストラはこれらの理念を掲げ、新しい日本の吹奏楽文化を全国に発信する事を目的とする。